最近、近所の小さな池にお引越ししてきたカメさん
体長25㎝はありそうな、立派なミドリガメです。
今日も、気持ちよさそうに甲羅干ししていました。


池のカメさん


お散歩のたびに、このカメさんの無事をチェックするのが、わたくしの日課になっています(笑
姿が見えないと、すごーく心配。

今まで何度も、この池に放たれたカメを見かけましたが、そのうちにいなくなってしまいます。
駆除されてしまったのか、カラスに食べられてしまったのか。。。
ハッキリした理由は知らないけど、この池では、ミドリガメは長くは生きられない「何か」があるようです。
だから、心配。。。



実は、我が家にも、池のカメさんとそっくりなミドリガメを飼っています。
もう15年以上生きている大きなカメです。

ペットショップで買ったときは、5cmほどの小さなカメだったのに、今や、水槽がわりの衣装ケースでも狭く感じるほど。
水換えも大変です。


カメさん
カメラ目線(〃艸〃)ムフッ


わたくしも、池か川に放してしまおうか・・・と頭によぎったこともありました。
その方が、カメさんもすいすい泳げて幸せなのでは?なんて思ったりして。

でも、よく考えると、
室内でぬくぬく育っているから、ひもじい思いをするでしょう。
夏は良くても、冬は越せないでしょう。


なにより、カメって、思っている以上におりこうさんで、↑こうやって、目を合わせてきて可愛いのです。
だから、それはできません。
(ていうか、「捨てガメ」は、してはいけない行為です)


池のカメさんも、かなり近づいても逃げて行かないので、人間慣れしているご様子。
やむなく、お池にお引越しさせられたのだなあ。。。きっと。


カメさん



ミドリガメ(アカミミガメ)は、2020年をめどに、特定外来生物に指定されるそうです。
指定されると、輸入、販売、飼育が規制されます。
でもね、環境省に手続きすれば、飼い続けることができますよ。

アカミミガメの寿命は40年!
水換え、えさやり、日光浴。。。きちんとお世話して、共に年を重ねましょう~♪



関連記事
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  





 カテゴリ
 タグ